【私(Yoshi:わかさま)の使用説明書・・・・どのように役立てるか?】

Q1:あなたは、何の役に立つか?

A1:人生の質を深める、変える。選択肢を増やす。
   一つの目標も、「できていない自分」⇒「実現した自分」といった、一直線上の話で捉えるのではなく、「幅」「深さ」「色」「匂い」「味」などを含めた、「質の豊かさ」を得ていただく。

Q2:あなたが才能を使ったら、何ができるか?

A2:ストレングスファインダーの34の資質のうち2回のテストで、
   関係資質群(人間関係)  :個別化、(運命思考)(最上志向)(自我)
   影響資質群(影響を与える):最上志向
   動機資質群(モチベーション):自我、(最上志向)
   思考資質群(考え方の癖) :分析思考、運命思考、着想、戦略性、内省、
                (最上志向)(個別化)
   ※( )は、若狭が関係あると考えて追加した項目

   がわかりました。
   これらの才能を使うと、
     ・「問い」を立てる
     ・深める、広げる
     ・多様性を示す
     ・収集と統合
     ・本質の抽出と理解

   つまり、あなたのバックボーン、参謀として、最善のアイディアを選択肢として提供します。

Q3:ほかの人ができないこと、誰もがやったことがないものは、何ができる?

A3:私がやりたいことはない。
   しかし、与えられた課題、あなたが持ってきた課題を解決できる。
   解決策の質は、まったく違ったものになります。

   その際、私も自分の課題として興味を引き付けられるものであること。

Q4:あなたに惹かれる人は誰?

A4:同じにおいがする人。
   「親しさ(=親和性)」のニーズがある人。

Q5:あなたを理解できる人は誰?

A5:同じ体験をしてきた人。
   同じ才能がある人。

Q6:あなたを使いこなせる人は誰?(コーチとして or 参謀として)

A6:自己解決能力がある人。
   切れ者が、さらなる高みを目指している、そのような状態の時。
   才能のみに注目できる人。
   敬意を持ってくださる人。