コーチングでは、

  『目標』『理想』『夢』

が話のテーマになります。

それは、

   『理想を生きたい』
   『今の自分じゃない人生を生きる』

を目指すことです。

それはそれで間違いでなないし、「状況を変えたい」というモチベーションが、すべてを変える力になります。

多くのクライアント、そしてそのクライアントと話しをするコーチは、「今は実現していない未来のこと」を話題にします。

-------------------

このことを思いめぐらしていた時、
何かしら違和感を感じました。
そして、
私(Yoshi:わかさま)は、身も蓋もないことに気づきました。

子孫や血筋の人にお金や物を残そうとすれば別ですが、
自分が生きていけるだけのお金、食糧、物を手に入れるのであれば、「今の自分じゃないもの」になる必要もありません。

   「昨日と明日の間の今日に生きる自分」
   「一瞬前と、一瞬後と、今は別の自分」

どちらの考えであったとしても、

  「自分は自分にしかなれない」
  「自分は自分でしか居れない」

のです。

  「今という時をすべて受け入れる」

ことしかないだろうと気づいたのです。

そして、人はどうしてもそれを否定します。
「未来」「理想」「目標」を目指すということは、「今を否定する」ことです。

「今は実現できていないことに目が行く人を相手にしたコーチング」では、こうなることは仕方のないことです。

でも、「成功している人」というよりも、「豊かさを感じて生きている人」は、

   「目標を目指していても、ガツガツしていません」
   「理想を持っていても、”自分” という軸の中で自然に歩いています」
   「過去のこと、未来のことすべてが感謝の対象です」

そこで、

   『自分が自分でしかないことを受け入れる』

コーチングが大事なのではないか、と思ったのでここで提案することにしました。

   今の自分の生き方の
     ・しようがなかったこと(そうせざるをえなかったこと)
     ・もがいたこと/がんばったこと
     ・逃げようと思っても逃げられないこと
     ・逃げようと思っても、逃げてはいけないこと
     ・逃げようと思っても、引き受けることでしか始まらないこと

まずこれを。
というか、これだけでも構いません。

これをコーチングで受け入れていきませんか?

一人でできると思ったら、甘い甘い。
人は思考で逃げ、適当に理由をつけて逃げ、他人に責任を押し付けて平気な顔をします。
そしてやめてしまいます。

まずこれをしましょう。

そうしたら。
そうしたら、「目標」などといった思考から導かれたものではなく、
「使命/ミッション」が自ずと見えてくることでしょう。
「使命」は、身を乗り出して引受けたくなるものであることが大半でしょう。
そして同時に、覚悟を決めなくてはいけないことでもあります。

それが、あなたの「目標」です。

まずはあなたの人生を引き受けるコーチングを受けませんか?
話はそれからです。