Vol. 105 [決断を早める方法]
http://views.core-infinity.jp/2017/04/how-to-make-dicisions-quickly/

「決断を早める方法」という記事を書いた。

変な話だが、
結構大きな決断をしているはずだし、
冷静に考えたら
その単体や短期で見ると収益がマイナスになる決断をして行動していて
しかもそれが楽しい
という不思議な体験を現在継続中。

何が後押しをしているかというと、

「自分がやりたいことをしている」

というのももちろんあるとは思うが、
そんな意志や気持ちは簡単にひっくりかえせるもの。

人間の意志や気持ちを多大に信用してはいけない。

~~~~~~~~~

僕の場合だが、
今やっている「ロボット・プログラミング」は、やりたいことではある。

でも、「ロボット・プログラミング」自体をやりたいわけではない。

そもそも、自分が「ロボット・プログラミング」をしたいのであれば、他人に教えている時間はない。
穏やかな言い方をすると、
研究者同士で議論をする分にはいいが、
小学生~中学生に他人のつくったテキストで教えている暇はない。

つまり、
「ロボット・プログラミング」をしたいのであれば、

  ・自分でロボットをつくったり、プログラミングをする。
  ・他人に教えるのであれば、自分の作ったロボットとテキストを使う。
  ・ただし、そこまでやるには時間がかかりすぎるので教えることはしない。

教材として利用している「ロボティクス・プロフェッサーコース」のロボットとプログラム、テキストには最大限の力を注いで理解し、受取り手の生徒たちが学びを深めるように様々なことをしているが、
ロボット作りの専門家ではないし、
プログラミングの専門家でもない。
それらの趣味があるわけでもない。
今まで必要に迫られて、Webサイト作りやデータベース作り(ファイルメーカープロ)のプログラミングはしてきたが、
趣味にしていないし、
詳しいわけでもない。
周りから見たら、ニターッと笑いながらやっているように見えて、
「好きだから」
「マニアックな人だから」
とラベル貼りをされるかもしれないけれど。

~~~~~~~~~

それもこれも、

「ロボット作りを通じて、
 プログラミングのスキルはどうでもいいが、
 プログラムする前段階にある
 思考の組み立て方、
 思考を現実化する方法(つまり論理的に考える)、
 これらを身につけてもらいたい。

 もっと大事なのは、
 自分で実現したいことを決めて、
 それまでの方法を試行錯誤しながら見つけ、実行していく
 経験を重ね、
 自分に自信を持つ」

という願いがあるから。

そのために必要なことはなんだってする。
対象とする年代の人たちに知ってもらおうとするし、
力になってくれそうな人に会いに行くのも構わない。
その人からの縁で、もっと大きな人に何かを頼むのも、勇気は必要だけれどなんともない。
教材としては「ロボティクス・プロフェッサーコース」を最大限利用していくし、契約上大きく逸脱することはできないが、
その間をつなぐ方法、
コース終了後のつながりを持ち、応援し続ける方法をいつも探し続けている。

多少うまくいかなくても、
まずやってみるし、
一人にヒットしたらその生徒だけその方法でサポートし続けてそれでいいと思っている。

それにチャレンジの機会を用意している。

  ・自作のロボット発表コンテストの主宰
  ・「これまで学んだこと」を文章化してもらう
  ・パソコンのセットアップ依頼
  ・イベントのスタッフ依頼

やりたくなかったり、まだできないと思ったら無理強いはしないけれど、
チャレンジする機会をさまざまに用意し、
もちろんチャレンジするための安全策は必ず用意して、
適宜生徒たちに結果を報告して、
結果をすべて僕が引き受ける覚悟でやっている。

僕としては、
ロボットをつくることよりも、
プログラミングすることよりも、
このことの方がはるかに楽しいし、アイディアがわいてくる。

もっとも、生徒から信頼を得るためには、
ロボットについても、
プログラミングについても、
それなりに知っておかないといけないので、
そのための勉強も大変なのだ。

コーチングだけでサポートできたら、
ロボットのことを知らなくても、
プログラミングできなくてもいいのだろうけれど、
コーチングだけで信頼される関係づくりの方法を知らないもので、ね。

だからね。
「ロボット・プログラミング」をしたいと、講師希望の方はいらっしゃるけれど、
ロボットをつくるのは生徒、
講師は、生徒が「ロボット・プログラミング」を通じて様々なことを学ぶのをサポートするだけ、
というか、それをやりきってから、
自分の希望を実現してほしい。

そんなわけで、
講師希望の方のやりたいことはまず捨て去ってから、講師として生徒と接してほしいと思うのだ。

ab7b71a20276bf7df25cd18f1759d01c_s