DSCF003024

(Open-minded Life(2013年7月9日付)の記事を再録します)

~~~~~~~~~~~~

 今回は、「私は、自然派コーチ」について。

 私の「内省」の過程を綴ります。

----------------------

 このメール通信やブログは「The Open-minded Life」です。
 もう一つのメール通信(仕事のプロのためのコーチング技術)じゃないの
で、「生き方」「自分の才能が発揮されるとき」という視点で書いていきます。

 コーチ仲間、講師仲間のBlogやFacebookを見ていると、

   ・都市の写真
   ・人が大勢写っている写真
   ・都市の中のウォーターフロントの写真
   ・休日やリゾートとしての自然の写真

 が掲載されています。

 楽しそうだな、と感じますが、
 そのような場で、自分がどこまでできるかチャレンジしたい、
 とは感じられないんですね。

 別に隠遁生活をしたい訳ではありませんが。

 暗黙の了解として、

    「目標達成をしたい!」

 という人たちの思いが詰まっているように感じるのです。

 「目標達成」って、

   ・人に対する働きかけの成果
   ・自然に対する働きかけの克服の成果

 と思うんですよね。

   ・(水泳の泳ぐ距離などの)チャレンジの成果
   ・自己鍛錬の成果

 というのもありますね。
 そうか。ありますね。

 でも、それも、「他人との比較での成果でしょ?」と感じちゃう天邪鬼な私がいます。
 「自己鍛錬」には、コーチは不要でしょうし。

----------------------

 私は、
 琵琶湖のそばを離れたくないんです。

 コーチングでも、カウンセリングでも、ガイドでも何でもいいのですが、
 私に魅力を感じる人には、ぜひ琵琶湖まで足を運んでいただいて、
 私と琵琶湖を含めた自然から、
 その人が『必要としているもの』を得てもらいたいと思っているのです。

 私は、スピリチュアルなことができたり、コントロールできたり、ということはありません。
 少なくとも自覚はありません。

 でもそのような私から、得ていただけたら、といつも考えています。

----------------------

 生活は、季節に寄りそった旬の生活を旨としています。
 例えば、

    ・夏には、できるだけ冷房を使わない生活をする。
    ・冬には、できるだけ暖房を使わない生活をする。
    ・日本の四季を工夫で乗り切る。
    ・食べものは、旬を愉しむ。

 ということを旨としたいのです。

 といいつつも、文章を書いたりするのに適した気温は25度くらいと、思い
出しましたので、自室の冷房を今日この夏初めて入れました。
 (研修先、お店、列車などでは、もちろん冷房のおかげで快適に過ごさせ
  ていただいていますけれども。)

 こんな自分を

    ・自然派コーチ
    ・ナチュラル・コーチ
    ・ワイルド・コーチ

 などと言葉を挙げてみましたが、どうにもむずがゆさがあります。

----------------------

 先ほど「目標達成」という言葉を使いました。
 私は、私に魅力を感じる人にコーチとして関わっていきたいのです。
 求められる役割としては、「ガイド」かもしれません。

 でもね。
 そんな自然と向き合いたい人に、「目標達成」という言葉は違います。
 「豊かさ」を得たい人とともに歩む、ということでしょうか。

 私の体験からお伝えしますと、
 そのような日々の自然の移り変わりに添って生きていると、「豊かさ」
「幸せ」を感じるのです。

 これは、言わなくても、誰もが感じていることですね。

 でも、「そのような生活」と「仕事」を分けて生きている人が多いのも、
世の中の常です。

----------------------

 私が、このように自然に寄りそって豊かさを感じるとお伝えできるのは、
 もしかすると、私が『内省』を持っているからかもしれません。

 『内省』とは、ストレングス・ファインダー
 (さあ、才能(じぶん)に目覚めよう─あなたの5つの強みを見出し、活かす
  By マーカス バッキンガム, ドナルド・O. クリフトン
  http://astore.amazon.co.jp/hitotoikimono-22/detail/4532149479

 で述べられている資質です。

~~~~~~~~~~~~~
 内省は、
 単に、あなたは考える事が好きだということを示しているだけです。あな
たは一人の時間を愉しむ類の人です。なぜなら、一人でいる時間は、黙想し
内省するための時間だからです。
 ある意味で、あなたは自分自身の最良の伴侶です。あなたは自分自身にい
ろいろな質問を投げかけ、自分でそれぞれの回答がどうであるかを検討しま
す。

(上記書籍より抜粋)
~~~~~~~~~~~~~

 「内省」資質を持たない人には理解しにくいかもしれませんが、
 「考える」「堂々巡りをしている」「言葉遊びをしている」
 といったわけではありません。

 完全に否定するものではありませんが、持たない人の考える
 「考える」「堂々巡りをしている」「言葉遊びをしている」
 とは、まるっきり違うものです。

 別の言い方をすると、

    「生まれながらに、自分自身にコーチングできる人」

 と理解していただいたら、近づいてきていただけそうです。

 もちろん、私も、人との関係で築いていきたいものを持っています。
 それを「考え」「導かれる」のは、

    「自然とともに生きているとき」

 という、動かしがたい感覚があるのです。

----------------------

 このような私が、
 ここまでお読みいただいたあなたのお役に立てるのか?

 世間一般のビジネスではないにしても、
 「お金」と「豊かさ」を互いに流し合えるものなのか?

 何度も、何度も、自分に問いかけている「問い」です。

 今回は、私の周りのお話を、アラカルトでお届けしました。
 それもこれも、「夏の暑さのせい」です。きっと。

 あなたのリアクションで、私がそれぞれのお話間の有機的なつながりを発見できるかもしれません。
 あなたからの反応をお待ちしています。