4519da6c2062431475cac14ef67c9ed2_s

一人で起業した当初は、
熱い思い、
日々の運営で走り回っていました。

そんなときには企業理念は、まだ要りません。
考えている余裕もありません。
理念を考えている余裕があれば、
お客さんが本当に求めているものは何か、
お客さん自身に問いかけていくことのほうが先です。

「私が核だ」
自分一人だったり、従業員・職員の数が少ない創業メンバーだけの時代はそれでよかったのです。

でも、お客さんが増え、従業員・職員も増えてくると、
会社の核となるものを示す必要が出てきます。

「私が核だ」
もう、あなただけに特権がある、あなただけの会社ではありません。
あなたが柔軟に対応していればいるほど、
あなたの外から見ている従業員・職員からはわからなくなります。

企業理念とは、

  ・会社が目指す方向
  ・会社が大切にすること
  ・会社内の判断の優先順位

を示すものです。

企業理念をつくる中で、あなたの会社が見えてきます。

できれば従業員・職員とともに作りませんか。
さらに、現在の延長線上にはまだ見えていない未来を創っていくために、
「今やっていること」
「これまでやってきたこと」
を封印して。

Do(やっていること)ではなくて、
Be(あり方、大切にしていること、目指していること、実現したい社会など)
企業理念にとりまとめましょう。

そして、既にあるという場合は、
・現状に合っているか?
・今の従業員・職員で目指しているものか?
本当に土台になっているか、チェックしましょう。

企業理念には、
・あなたの幸せや成長は入っていますか?
・従業員や職員の幸せや成長は入っていますか?
・お客様の幸せや成長は入っていますか?
・地域の人の幸せや成長は入っていますか?

あなたとあなたが大切な人を幸せにするために、企業理念をつくりましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★料金
個人セッション
(全1回~、1コマ30分、12,000円+消費税、30分単位で時間を指定してください)、
 体験セッション(有料)、および無料オリエンテーションなど料金の詳細はこちら。
 http://core-infinity.sakura.ne.jp/?page_id=60